Feeds:
投稿
コメント

クワイヤーチラシ2017.3(訂正版).jpg

次週、2月26日(日)の主日礼拝は、桜美林学園チャプレンの土橋 敏良先生に説教をしていただきます。

皆様のご来会を心よりお待ちしております。

人を分け隔てしてはなりません

第38号 巻頭言

2017年冬

木村 智次 牧師

2016年度はヤコブの手紙2章1節の、「主イエス・キリストを信じながら、人を分け隔てしてはなりません」を年間聖句として歩んでまいりました。

人を分け隔てしてはならないということそのものは、聖書を持ち出さずとも現代社会の人権概念においては、当然の価値観となっております。しかし、問われていることは「主イエス・キリストを信じながら」、人を分け隔てするという行為をしていないかということです。

ヤコブの手紙では人を分け隔てする具体例として、富んでいる人と貧しい人の差別化について言及されております。簡潔に申しますと、礼拝のために集まってくる人々に対して、その身なり、社会的地位によって差別をし、異なる席を割り当てたりしたら、自分たちの中で、すなわち神に従うべき信仰者の中で差別をしたことになり、それは「誤った考えに基づいて判断を下したことになるのではありませんか」、とヤコブの手紙は問いかけております。ここに記されている、富んでいる人と貧しい人の差別は、実際にヤコブの手紙著者が、関わっていた教会で存在していたと考えられます。

キリスト教会という場所、そしてそこに集うクリスチャンは、大昔から現代に至るまで、多かれ少なかれ人を差別化してしまう現実があります。しかし、年間聖句にも定められたとおり、主イエス・キリストを信じながら、人を分け隔てしてはならないのです。まして現代社会は、ヤコブの手紙が書かれた頃とは比べ物にならないくらい人権に対する考えが進歩し、富んでいる人と貧しい人、社会的地位で差別しないことはもちろん、性別や国籍、さらには伝統的価値観に基づく差別化も容認されない時代になりつつあります。当然のことながら、私たちは世間以上に人を分け隔てしない姿勢を持って、教会形成に励むことが求められております。イエス・キリストを信じている群れである私たちが、人を差別化しないことは、聖書を通して神が私たちに命じておられることだからです。

ヤコブの手紙は、「イエス・キリストを信じる」と言いながら、人を分け隔てしてしまうクリスチャンについて、1章8節で「心が定まらず、生き方全体に安定を欠く人」と記しております。新共同訳聖書の前の口語訳聖書では、「二心」と訳されていました。「イエス・キリストを信じる」と言いながら、「人を分け隔てする」のは、二心を抱いていることに他ならないからです。そのような二心を抱いた結果として、人を分け隔てしてしまうことにつながってしまうのです。

私たちに求められていることは、イエス・キリストを信じるという信仰告白が、口先だけのものではなく、それを実践することです。だからこそ、その具体的な実践として、「人を分け隔てしない」ことを一人ひとりが心にとめて行うことが大切なのです。

教会総会において、「人を分け隔てしてはなりません」を年間聖句として議決したことを実践しなければ、私たちは二心を抱いたクリスチャンであり、ヤコブの手紙著者の批判がそのままあてはまることになります。私たちにとって耳の痛い厳しい批判です。しかし、神の言葉として記されていることですから、私たちは反発することなく、謙虚に聞かなければなりません。2016年度も残り少なくなってきましたが、常に年間聖句を心にとめて、「イエス・キリストを信じる」という信仰告白を、口先だけのものではなく実践が伴う信仰生活を歩むように、改めて心がけてまいりたいと願います。

次週、1月29日(日)の主日礼拝は、桜美林中学高等学校チャプレンの堂本 陽子先生に説教をしていただきます。

皆様のご来会を心よりお待ちしております。

1月22日(日)10時30分~

桜美林教会の召天者を追悼する記念礼拝を守ります。

今は神のみもとに憩う方々を追悼し、世にあるご家族の祝福を

祈る機会を分かち合いたいと願います。

ご出席を心よりお待ちしています。

元旦礼拝

2017年1月1日(日)11時より元旦礼拝を行います。

新年の歩みを皆様とご一緒に礼拝をもって始めたいと願っています。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

なお、いつもの主日礼拝と開始時間が異なりますので、ご注意ください。

【2016/12/18 (日)】

教会学校クリスマス祝会 12:30~

教会学校の子どもたちとクリスマスのお祝いをいたします。なお、9時からの教会学校はお休みとなります。

 

【2016/12/24 (土)】

イブ礼拝 18:30~

持ち寄り愛餐会 礼拝終了後~

イブの夜、礼拝堂でキャンドルを照らした特別礼拝を守り、その後、教育館でクリスマスを祝う愛餐会の時を持ちます。ぜひお越しください。

【2016/12/25 (日)】

クリスマス礼拝 10:30~

9時からの教会学校はお休みで、合同礼拝となります。礼拝終了後、教会学校の子どもたちが賛美と聖書朗読によってキリスト降誕の場面を演じます。ぜひご覧ください。